自費出版社の選択

自費出版を手掛けている業者も様々で、慎重に選択しないと後悔することになります。筆者がお勧めするのは、消去法で選択することです。利用すべきでない業者の特徴としては、ビジネスの香りしかしない会社、自費出版を専業としていない会社等があります。確かに著者が無名の場合、それほど丁重に扱ってくれることは期待できませんが、それでも冷たい印象を抱かせるような業者は避けた方が良いでしょう。担当してくれる編集者が、自費出版を望む人の気持ちをよく理解していることが、成功への第一歩だと考えるからです。もちろん時にはプロの編集者として厳しく指導することも必要でしょうが、それも書き手に対する敬意を前提としたものでなければなりません。「無名の癖に」と言わんばかりの態度は、パートナーとして不適格だと言えます。  出版に関してよく知らない初心者の方は、本の中身が良ければスムーズに事が運ぶと考えがちですが、実は相当名の知られた作家であっても、編集者との関係が悪ければ、出版を成功に導くことは難しいのです。このことは、自費出版についても概ね当て嵌まります。担当者と良好な関係を築くことが出来れば、今度はいよいよ本の中身を練り上げる段です。商業出版では担当の校正も付きますから、最終的に印字される文章は、洗練されたものになります。誤植もほとんどありません。しかし自費出版は掛けられる経費が制限されますから、構成、装丁も含めて、完成されたものを作り上げるのは至難の業です。実際、自費出版された書籍の中には、文章の稚拙な本、誤植の多い本が少なくありません。しかしそのことが読者に対して及ぼす悪影響は、本来の目的からして、それほど大きいとは言えないのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です