書店との交渉

 自費出版した本を書店に置いてもらうためには、書店と交渉する必要があります。しかし店舗ごとに交渉すれば、時間と手間が掛かってしまいます。そこで、大手の出版社の場合、全国展開している書店と提携し、数冊ずつ陳列してもらうためのスペースを買い取っているところもあります。どの出版社がそのような仕組みを構築しているのかは、ウェブサイトや説明会で確認することが出来ます。契約のための打ち合わせの際に教えてもらえることもあります。特に伝達されなければ、問い質してみましょう。
 自費出版を積極的に提供している出版社であれば、提携している書店に関する情報をウェブサイトに掲載しているケースがほとんどです。それは、全国の書店に陳列してもらえることを、売りに出来るからです。自費出版を目指している人は、最終的に自著が書店に並ぶことを夢見ています。その夢をサポートすることが出版社の使命であり、多くの良心的な書店は、その旨をホームページで説明しています。しかし中には書店を騙り、出版を餌にお金を騙し取ろうとする悪人も存在することは確かです。騙されないためにも、出版や陳列の話が載っていたら、具体的な手筈を確認するようにして下さい。本のサイズ、ページ数、提携書店に関して、それらしい資料が送られてくれば、それなりに信用して大丈夫でしょう。
 さて、原稿や表紙のデザインが完成すれば、出版社の担当者がそれらを印刷所に送ることになります。製本が終わるのは発売日の1か月前であり、その時点で配本リストが提示されることになります。この配本リストこそ、どの書店に何冊ずつ陳列されるのかを示したものです。時々手違いで送られてこないこともあるようなので、当て嵌まる人は催促してみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です