著作の献本先

 出来上がった本を献本する際、あて先に迷うこともあるでしょう。知人や友人に対しては躊躇せずに送ればよいのですが、その他にも新聞社や業界誌、地域雑誌に送れば、思わぬ返信が寄せられることもあります。自費出版を通して取材を受けることも、稀ではありますが生じています。メディアで紹介してもらえると、著者の費用負担も無く、大々的に広告することができます。そうすると、必ず手に取ってくれる読者が現れますから、販売冊数は増えることになります。

 自費出版は、最初は躊躇うものです。しかし経験者から話を伺うと、ほとんどの人は満足しているようです。リピーターになる人も多く、出版というイベントの影響力に改めて驚くばかりです。確かに無名な作家の本の内容が、著名な作家のそれに比べて勝っている可能性は低いでしょう。しかしより多くの人の思想や生き様、人生が、文章という形で残ることは、それだけで素晴らしいのではないでしょうか。

 最近は自費出版から発展したカスタム出版なる形式も出現していますが、今後もますます出版形式の多様化が進むでしょう。大手の取次に頼った流通形式から離れようとするネット書店の動きも大きくなっていますし、無名の作家のチャンスはそれだけ広がっているようにも思います。もちろん負担できる費用には限界があるでしょうが、事前に仕組みを勉強すれば、誰でも夢を叶えることは可能です。商業出版に拘る時代はもはや過去となったのだと言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です