タイトルの決め方

自費出版の売り上げを伸ばすためには、やはりタイトルのもつ力も無視するわけにはいきません。優れた児童文学作家の一人が、タイトルが決まらなければ、書き出すことさえ出来ないと語るように、書籍の著者にとって、タイトルは特別な意味を持ちます。本の構想とタイトルとは一体不可分の関係にあって、構想が進むと自然にタイトルが思い浮かんだり、逆にタイトルが浮かんだ後に、構想が加速したりします。タイトルに読者を引き付ける魅力があれば、表紙を見かけた人が手に取ってくれるでしょう。特にタイトルが強調されるインターネット書店での販売において、タイトルにこそ、工夫を施さなければなりません。

 簡単にタイトルが思いつく人もいるでしょうが、そのタイトルをそのまま使用するのも考え物です。自費出版を単なる趣味、記念として位置づけるのであれば、それでも構いませんが、利益、売上の増加を追求する限り、「売れるタイトル」を考えなければなりません。売れるタイトルとは、読者を惹き付けるとともに、検索エンジンとの親和性も高いタイトルを指します。インターネット書店を訪れた読者は、必ずワードを入力して検索することで目的の書籍を探します。その検索システムは、商業出版と自費出版の別を問いません。ですから自費出版であっても、商業出版の本より目立つタイトルが冠された書籍であれば、勝機は十分あるのです。

 タイトルが目立つための工夫として挙げられるのは、副題を上手に付けることです。タイトルが過激であっても、検索には引っ掛からないこともあります。その原因は、適切な副題が添えられていないことにあります。SEOの観点からも、副題に特定のワードが含まれているだけで、上位にランキングする可能性が高まると言えるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です