造本とは

自費出版において普段は読んでいるだけの本でも原稿を書いた後にどのように造本がなっているか気になってくると思います。
ここでは造本がどのような構成でなっているかを見ていきましょう。
本は部分的に見ていくと表紙、背、見返しとなっていると思います。
表紙はタイトルや内容の表示、オシャレ感をだすためなのを目的とすることがイメージされますが、本の中身の保護も兼ねていますね。
デザインがもっとものりやすい部分なので表の顔として一番重要なのではないでしょうか。
造本となると表紙カバーは別として換算されているらしく見積もりは別物となるようなので気をつけたいところですね。
背については、本のとじ込み部分になります。
丸背と角背があるようですね。
背に印刷される文字は背文字といわれているようです。
そのままですね。
造本となったり、消費者のうちは気づきにくいと思うのですが書店の棚に並んだ際に見える部分はここが一番最初なので意外とデザイン的に大事な部分といえます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です