自費出版の良し悪し

出版社が企画をする商業出版と違い、自費出版は個人に決定権があります。内容も好きに書いて構いませんし、売れるか売れないかというところも気にしなくても構いません。

自分史を書く人もいれば、ペットの写真集を作る人もいますし、短歌や俳句などの作品集を作る人もいるそうです。また、故人を悼んでアルバムなどの本を作るということもあるそうです。

本という媒体にできるので誰かに配ることもできますし、何よりも自分にとって素晴らしい記念となるでしょう。企業という単位で行えば、営業のためのツールとして使うことも可能になります。

また、もしも作った本を自分で売る事ができれば、利益を出版社と分け合うこともありません。自費出版から人気が出て、商業出版の声が掛かったという実例もあるそうです。売り上げは関係なしに、手順を踏めば国会図書館に納本することも可能と言われています。

自費出版には様々なメリットがありますが、逆にデメリットがあることも忘れてはいけません。

まず、自費出版は費用が掛かります。出版社によっては何百万円と掛かる場合もあるそうですし、書店に流通させる場合や広告を出してもらう場合にも、別途費用が発生することもあるそうです。発生した費用を回収しようと自費出版で制作した本を販売するにも、まず大量に売れることは難しいと言えます。

純利益だけを見た時、そもそも黒字になる可能性は非常に低いと言えるでしょう。他に、出版社の中にはわざと高い料金を提示することや、契約内容を守らないような悪徳なところもあるようです。特に大量印刷をする場合には大きなお金が動きますので、トラブルが起きやすくなってしまうというのもデメリットと言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です