自費出版を電子出版で

現在、電子書籍を利用する人も多くなってきており、付随するサービスの数も増えてきていると言える状況です。電子書籍はその名の通り、ネット上のシステムなどを使って本を読むことができるサービスです。パソコンやスマートフォンなど、インターネットが使用できる環境さえ整っていれば、好きなタイミングで本を購入することができます。実際に書店に出向かずに書籍を購入することもできますし、まとめて何十冊、何百冊と一気に買うことも可能です。実際に電子書籍として購入した本は、紙の本と違って保管をするスペースを気にする必要もありません。サービスによってはまとめて買うことで安くなるようなセールを行っているところもありますし、そもそも電子書籍は印刷代や製本代、諸々の費用が発生していないので、紙の本と比べれば安く購入することもできます。例えば実際にカラーで印刷する場合は費用が高くついてしまうことが多いですが、画面に表示される電子書籍は、そもそも内容によって費用が大きく掛かるということもありません。また、本によっては分厚く重いものも多いのですが、スマートフォンやタブレットを使っている場合は軽く持てることもメリットと言えるでしょう。本を数ページ~数十ページ確認できる試し読みという機能もありますので、中身を確認してから購入することができます。紙の本ではできなかったサービスが展開されているので、今後の発展を期待できる分野とも言えるでしょう。

読み手側からして手軽で便利と感じられる電子書籍は、自費出版として本を制作する側にもメリットは大きいです。ハードルが高い、費用が確保できないという場合は、電子書籍を検討してみるのもひとつの方法かもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です