文章を書く手順その二

さて、いよいよ執筆する段階に入ります。当然必要なのが下書きなのですが、後で推敲することを頼りにしていい加減に書くのは禁物です。清書のつもりで書きましょう。推敲の際は以下の観点を忘れないようにします。①全体も部分も、課題からかけ離れていないか、②主題は言明できているか、③材料は効果的か、出所・信頼性に問題は無いか、④段落構成は主題と調和しているか、論理に飛躍は無いか、⑤結論は正しい論拠に基づいているか。これらを確認できれば、表題、書き出し、しめくくりにも注意を払います。

推論の方法を抑えておくことは、文章の読解にも必要ですし、自分で著わすのにも必須です。推論の中で中核となるのが帰納、演繹、弁証法ですが、直感や類推も推論の一種です。直感は論理的思考とは言えず、瞬時に主観で対象の本質を認識することです。客観的ではないため、学問的な議論の中では別途エビデンスを求められることも少なくありません。類推は事物や現象の明らかでない点を、類似するものから推し量ることです。いわゆる「仮説」は類推の産物であることも多く、仮説を導出した後、それを実証する必要があります。帰納法は調査や観察によって得られた事実を総合して、一般法則(得られたどの事実とも矛盾しない)を導き出すことです。自然科学は主にこの方法に依拠しています。法則の信頼性に調査量、観察量が大きく影響することは言うまでもありません。演繹法はすでに確立している普遍的法則から、個別の法則を生み出すことです。数学や三段論法は典型例でしょう。弁証法とはある命題と、その矛盾点とを総合し、新たな判断に到達することです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です