「想い」は一旦しまい込む

サンプルとして添付する原稿にも決まった書き方があるわけではないと言えますが、だからと言ってプロモーションになっていないサンプルを添付しても、意味がないどころか、むしろ逆効果になってしまうと言えるでしょう。

サンプル原稿を読む側としては、どのような文章を書くのか、どのようにテーマに沿って展開していくのか、といったような部分が知りたいのではないでしょうか。そのため、サンプルとして添付する原稿には、自身の想いや能書きを書かず、本題をダイレクトに伝えている部分を添付するということが大切であると言えるでしょう。

作文や手紙のように長々と想いを綴って、編集者が読みたい部分が一切見えないものは、サンプル原稿として適していないと言えるでしょう。想いを伝えたいのであれば、きちんと「原稿」として自身の意見や主張が組み込まれている部分を「抜粋」することが重要と言えるでしょう。自身の作成した企画書の内容がよく反映されている部分を抜粋し、提示する行為自体が、一番想いの伝わる方法であるとも言えるでしょう。

原稿とは別に、想いを込めてサンプル原稿を作成したがために、自身の主張や選択したテーマがぼやけてしまっては本末転倒と言えるでしょう。またサンプルがテーマに沿っていなかったり、なにがいいたいのかわからないというようなサンプルを添付してしまっては信用というものもなくなってしまうのではないでしょうか。もし能書きなどを書いてしまうと、自身の主張ではなく、第三者の主張が混ざってしまい、主軸がブレてしまう印象になってしまいます。

唐突のように思えるかもしれませんが、企画書がそれを補ってくれることを信じ、自身の原稿を自信を持って添付することが大切でしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です