サンプルの注目点

自費出版において、サンプル原稿の添付というものは、企画が採用されるかどうかの決定に直接的に関わってくるものであると言えるでしょう。簡潔にまとめられた企画書に、魅力的な抜粋のサンプルが添付してあれば、それだけで熱意も伝わるでしょうし、何より、選考のしやすさという点で、一歩先を行くプレゼンと言えるのではないでしょうか。

サンプル原稿として添付する際、気をつけておきたい点としては、実際にどんな文章を書いているかというものがわかる部分を抜粋することや、企画の目的に沿った内容が原稿に反映された際のイメージをつかめる部分を抜粋するといったことが大切でしょう。しかし、アピールしたいからといって、サンプル原稿が本原稿並みに大量になってしまっては逆効果と言えるでしょう。時と場合によっては、本原稿から抜粋した部分をサンプル用の原稿として書き換えるというのも良いでしょう。

企画書に添えるサンプルなので、より魅力的になるのであれば、より内容が伝わるようにこちらも簡潔にまとめるという手も挙げられるでしょう。自身の文章がどういった味を持っているか、企画内容を原稿にするとどのような原稿になるのか、ということをアピールすることができれば良いでしょう。

分量としては、企画書と同じくらいの分量というように考えておけば良いのではないでしょうか。原稿のどの部分を抜粋するかは、決まりなどないようなので、出来るだけインパクトのある部分や自信のある部分などを抜粋すると良いでしょう。

企画書やサンプル原稿を読んでくれる編集者の方への心遣いが、より良いサンプル原稿を作成する鍵となるのではないでしょうか。熱意を押し付けるのではなく、自身の企画をプレゼンするために、しっかりと準備して作成することが望ましいのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です