流行や、世の中の動きを読む

自費出版を目指す時、需要のある内容というのは一つの魅力としてアピールできると言えるでしょう。
しかし、現時点ではそれほど需要がない状態のものであっても、これから近い将来に波がくるような「流行」の動きの先にあるような内容であれば、充分にアピールポイントとして主張できると言えるのではないでしょうか。

その場合、もちろん「近い」将来という事がポイントであり、漠然と「そのうち流行するはず」というようなものではアピールとして成立しないと言えるでしょう。

旅行でも政治でもファッションや料理といった様々なコンテンツでも、必ず「流行」というものが存在し、自身の得意分野でその流行を先読みして執筆する事ができれば、その流れがまさに到来したとき、真っ先に注目を集める事ができるのではないでしょうか。
現時点では地味で目立たないトピックスであったとしても、もしかしたら、いや、確実にこの後の世の中を捉えているなと思わせる内容であれば、力のあるアピールポイントとして売り込めるのではないでしょうか。

 

また、実体験に基づき、裏付けのある内容である場合、採用される可能性は格段に広がると言えるでしょう。
こういった記事では、自身のこれまでの人生経験や、没頭してきた趣味なども、充分に素材として活用できるものであると言えるでしょう。
実際に、仕事で取り組んでいるものよりも、趣味などで身についた知識や技術の方が圧倒的に多いのではないでしょうか。
自身の好きなものや楽しいものを全面に押し出しつつ「これから」のことを書いてみるというのも面白いのではないでしょうか。

例え文章が苦手であっても、内容がしっかり組まれていれば、案外形になってくるものです。
自信を持って、自由に書いて見る事が大切と言えるでしょう。