差別化をはかる

自費出版を目指し、アピールポイントを考え、すでに世の中に出ている本との差別化を図ろうとしている執筆者は少なくないと言われているようです。
ですが、この考え方は一歩間違えば、落とし穴にはまりかねない考え方であると言えるでしょう。

もちろん、すでに出版されている本と同じ内容である場合、出版できる可能性は狭いと言えるでしょう。
しかし、プロの作家でもない一般人が、世に出ている本との差別化をしようとしてみたところで、企画内容がブレるだけになってしまう確率が高い言えるのではないでしょうか。
そんなことを考えるより、自身の企画のアピールポイントをより深く掘り下げていくということを考えていくべきなのではないでしょうか。
それこそが、所謂「差別化」の本質を捉えていると言えるでしょう。

 

そもそも、執筆者の実体験に基づいた内容という時点で既にその企画は差別化されていると言えるのではないでしょうか。
最も破壊力のある差別化というものは、実体験にもとづいた内容であり、それが実証を得ていることと言えるのではないでしょうか。

素人が下手に差別化を考えるのではなく、シンプルに自分のノウハウを忠実に熱意を持ってまとめる事が、何よりの差別化であるのではないでしょうか。
そう言った文章の中には「独自性」がみられるようになり、その独自性が大きな「魅力」へとなり、世界に一冊だけしかない本を生み出す最大の差別化につながると言えるでしょう。
企画と同様、頭の中で変に差別化をこねくり回して考えるのではなく、自信を持って実体験を全力でアピールすべきと言えるでしょう。

そこに、ちょっとした意外性や、他のコンテンツと組み合わせると言ったスパイスを加える事ができれば、より差別化は力を発揮すると言えるでしょう。
まずは、自身の体験を一生懸命書く事が大切でしょう。