企画書は原稿ではない

あるコンテンツの企画書を作成するため、書くことに困って、そのコンテンツについて辞書を引いたものをそのまま掲載したりするのは考え物ではないでしょうか。
企画内容と企画書のページ数は関係ありません。
むしろ、長々と書かれた企画書の内容がダラダラしたものであった場合、読む人は疲弊してしまって余計に企画内容が頭に入ってこないのではないでしょうか。

 

また、前述したように辞書に書いてあるような説明書きをそのまま書いてしまっては、説明するための前置きというより、何も知らない人を対象に書かれたものである雰囲気が漂い、文章を仕事としている出版社の人にとってはあまり気持ちの良いものでもないでしょうし、なかなか進展しない文章に飽きられてしまう可能性も否定できないでしょう。

企画内容さえきちんとアピールする事ができれば、簡潔な短い企画書でも、というより、むしろ要点を押さえて必要最小限でアピールされた企画書の方が魅力的と言えるのではないでしょうか。
さらに内容の着眼点や、掘り下げがなされていた場合、その情報をキャッチさせる文章をまとめる能力を同時にアピールできるのではないでしょうか。

 

初めてのことで、また、一生懸命であれこれ企画書にも盛り込みたい気持ちも充分理解できますが、そこは原稿の方で発揮してもらう部分であり、そうやって一生懸命時間と思いをかけて書いた原稿だからこそ、一歩離れたところから、一番光るプレゼンをするために用いるのが「企画書」なのではないでしょうか。
自身の作品ということは一旦忘れ、冷静な目でアピールポイントを整理していくと良いでしょう。
ダラダラした部分は思い切って切り捨てるというのも大切でしょう。多少解らない事があっても、その原稿に魅力さえ感じてもらえれば、企画書としては成功と言えるでしょう。