企画書の構成

自費出版での企画書を作成する際、企画書の時点で構成力に疑問を持たれてしまっては、肝心の原稿を読む段階までたどり着いてもらえないのではないでしょうか。

 

人にプレゼンをする事と、日々の中でだれかに話を聞いてもらうということは、全く違うことであり、企画書というものは「思いを伝えるものではない」ということを理解しておかなければならないのではないでしょうか。
つまり、普段だれかに話しているような内容では全くプレゼンとして成立しないと言えるでしょう。

たらたらと長すぎる能書きを書いたり、伝えたい事が多すぎてまとまらず、話の本筋がどんどんズレていっていたり、文章を凝ろうとして色々な表現を使って見たものの、どれも的を得ずに主張したい部分が全く解らなくなってしまっていたりと、企画書にあるまじき数々の失敗が並んでいるようでは、とても原稿を読む気には慣れないでしょう。

 

また、これは、内容にも通じますが、原稿の内容が薄いと自覚している場合、企画書に書かれている事がほぼ一般論だけで、アピールポイントを見つけ出せないという状況になっていたり、イメージの羅列といったような漠然とした記述が多いのも考えものです。
どんな内容であるのかをしっかり自信を持って売り込むものが「企画書」なのではないでしょうか。

謙遜しすぎてアピールできなかったり、反対に謎の自信で「絶対に売れる」だけを強調している企画書も、その時点でボツという可能性も否定できないでしょう。
企画書という名の通り、その原稿の内容をどういうものであるのかを整理した上で、どういうところがアピールポイントであるというものを記した上で、出版のための力添えをしていただけないかという事を依頼するものでなければならないでしょう。

企画書まで手を抜かず、誠意を持って丁寧に書きましょう。